キャバクラとガールズバー違い

キャバクラよりガールズバーの方が安いと何度も申し上げましたが、キャバクラとガールズバーは一体何が違うのかまとめてみました。
 

キャバクラはどんな所?

まずキャバクラは主にお客様の隣に座りお酒を作ったり、会話をしたり接待するお仕事になります。

広めの店内でテーブル席について接待してくれます。
フードメニューなどは少なくあってもバカ高いです。飲食をする目的で入る場所ではありません。

女の子の年齢は若く、基本的にドレスを着ての接客が当たり前になっています。

お気に入りの子を見つけ指名するスタイルで、自分の好みのタイプや年代の子を選ぶことができます。キャバクラには売上ランキングなどもあり、女の子がギスギスしている所も多いです。
 

ガールズバーってどんな所?

昔から馴染みのあるキャバクラとは違い、ガールズバーは近年店舗数が拡大している傾向にある新しい水商売のお店です。

キャバクラと違いガールズバーというだけあって、あくまでもショットパ―という形になり、テーブルについての接客はなくカウンター越しの接客が基本!
共通点があるとすれば、女の子がお客様にお酒をつくりながら接客するということ。
 

キャバクラとガールズバーの違い

 

 接客する場所

キャバクラは基本隣に座っての接客スタイルと申しあげましたが、ガールズバーはカウンター越しの接客です。

ガールズバーの女の子は基本的にカウンター越しでの会話となっています。よくあるバーテンダーのお仕事と同じイメージです。
キャバ嬢ほどの会話力はありません。良い意味で普通の女の子とお話できる感じになっています。

 

 服装

キャバクラは基本ドレスを着用してのお仕事になります。しかし、ガールズバーではドレスなどを着る事やゴージャスなヘアセットはしていません。

ガールズバーにより様々なコンセプトがありますが、私服OKな所や中にはかわいい制服のところもあります。キャバクラに比べカジュアルな格好な子が多いです。こういった部分でも普通の女の子っぽさがでています。

 

 料金

明らかに違うのが料金になってきます。キャバクラはセット料金や指名料、ボトルの料金、サービス料や延長料金が非常に高いです。

訳も分からず、なんでも注文してしまうと値段が一気に跳ね上がり大変な事になってしまいます。それに比べるとガールズバーは1万円程度あれば、豪遊とまではいいませんが楽しく遊べます。

 

まとめ

キャバクラもガールズバーも楽しい空間です。自分にあった場所選ぶのが大切です。